スポンサーリンク

仲良し夫婦のコラム編記事一覧

書籍で書かれている夫婦の危機を乗り越える方法を真似ると失敗する訳

だいたい書籍で書かれている内容って「相手をほめましょう」「相手を認めましょう」「少しぐらい我慢しましょう」「相手にプレゼントを送りましょう」「相手の目をみて話しましょう」「相手の話を聞きましょう」「相手を不快にさせるのはやめましょう」「一緒に行動しましょう」「許せないことは忘れましょう」こんなところ...

≫続きを読む

あなたも知らずにやっている夫婦円満になれない3つの秘訣

夫婦円満になりたい!マジで、夫婦円満の秘訣を知りたい!もっとラブラブになりたい!そんなことを考えながら、↓このようなことはやっていませんか?1.夫婦関係を友人やネット上、カウンセラーに相談する2.旦那(妻)に「がんばって変わるから!」って言ってる3.誰かに「この場合はどうすればいいですか?」という質...

≫続きを読む

夫婦ケンカが絶えないのはちょっとしたレシピの違いから

夫婦ケンカって絶えないですよね。僕も5年前はそうでした。僕の場合は、僕が奥さんを責めていたからですが(汗でも、あることをきっかけにラブラブ夫婦になることができたんです。それは、ちょっとしたすれ違いから起こった夫婦ケンカだったんです。夫婦ケンカって実はサラダのレシピと同じ。ちょっとしたズレで味が大きく...

≫続きを読む

嫁が愚痴ばかり、、、それはサボテンと一緒です。

嫁の愚痴は、「フンフン」聞いてても終わりません。うちの嫁もこの間、職場の愚痴を僕に話していました。この人がどーだのあーだの、、、会社がどーだのあーだの、、、え?誰がどうだったっけ?この人って、こんな人だったけ?知らない人の話を想像しながら聞くのはかなりのイメージトレーニングになる。ただ、僕の場合、愚...

≫続きを読む

夫婦のあり方がわかる!幸せな家庭を築く15箇条(後篇)

「暖かくて幸せな家庭を作ります!」結婚式でこんな言葉は何度聞いたことか・・・そして、その1年後には、旦那が家事を全くやらないと愚痴り妻が仕事でいつも遅いと愚痴る。一緒の方向を向いていたのは一瞬だけで、その後は各々の価値観の押し付け合いでケンカに。・結婚――いかなる羅針盤もかつて航路を発見したことのな...

≫続きを読む

おしどり夫婦になるたった1つの秘訣

おしどり夫婦とは・・・知ってましたか?仲が良い夫婦のことを「おしどり夫婦」と呼びますが、生物学的に、本物のオシドリは、冬ごとに毎年必ずパートナーをかえるんです。そのため、毎年パートナーを変えて、同じオスと二年以上過ごすことは絶対ないそうです(汗さらに、抱卵はメスのみが行い、育雛も夫婦で協力することは...

≫続きを読む

夫婦の会話がない、話題が続かないのはある1つの出来事が原因だった

話題がない・・・会話が続かない・・・聞こえるのはテレビの音だけ・・・そんな家庭が多い中、ラブラブ夫婦の我が家はどんな生活かというと・・・同じくテレビの音だけ(爆ただ、決定的な違いは「夫婦の会話がない」とか「話題が続かない」とは感じたことがありません。そこで、質問があるのですが、「夫婦の会話がない」と...

≫続きを読む

夫婦の問題を解決するノウハウ

【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】
最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。
もしも、夫婦の仲が冷め切っていると感じたら、
手に取るのもアリかもしれません。

最悪の状況から、
ラブラブ夫婦に戻すノウハウがギッシリ詰まっています。


しかも、返金保証付きなので、
安心して取り込むことができます。

⇒公式ホームページへ

妻に許してもらい離婚を回避する方法

離婚は実際に成功した事例をマネるだけでも、
十分に回避することができます。

離婚に至るまで、さまざまな問題がありますが、
それらの問題を解決してくれます。

⇒公式ホームページへ

夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して、元の家族に戻る方法です。

夫に離婚したいと言われた場合の対応方法を、
これまでに離婚を回避できた実績をまとめ、マニュアル化しました。

手紙のサンプル等もありますので、
すぐに離婚調停にも対応できます。

⇒公式ホームページへ


「番外編」離婚を有利に進めるノウハウ




【満足度96.4%!】どんな離婚問題もスピード解決!
澁川良幸が贈る「15,000人の離婚問題解決法」〜あなたの離婚問題もきっと解決できます〜
各マディアから取材殺到中の澁川良幸が、
離婚問題をスムーズに有利に解決してくれます。

もちろん、マニュアル以外のノウハウは一切必要ありません。

離婚するにしても、
あらゆる知識が必要です。

これがマニュアルに凝縮されています。

一度、手に取るのもアリかもしれません。
                                                      ⇒公式ホームページへ